急性の腰痛(ぎっくり腰)について

腰の痛みや不調はあきらめないで、必ず治ります。

ギックリ腰改善率95.1%! 急性腰痛の改善に強い当院のヒミツをご紹介 など

こんな腰痛の悩みはありませんか? 

  • デスクワーク長時間座っているのがツライ
  • ある朝突然、起きられない、立てない、靴下がはけない
  • 椅子から立ち上がれない 
  • 前にかがめず、靴紐を結べない
  • 咳,やくしゃみが腰にひびく

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

急性の腰痛(ぎっくり腰)について

あなたの腰を突然襲う、急性腰痛症・ぎっくり腰の原因と施術さらに対処法をお伝えします。

原因 1.長時間のパソコンを使ったデスクワーク

33年前に開業した頃、例えば重量物の運搬、終日屈みこんでの床作業、井戸の手掘り職人さんたちが多く通っていました。

これらの患者様の腰痛は腰の使い過ぎが原因です。

現在はパソコン等長時間のデスクワークで腰を痛める方がトップとなりました。

これは逆に座位を続けて腰を使わないために起こる腰痛です。

人のカラダは適度に動き歩くことにより、コンディショニングされるようにできています。

終日座位の姿勢は本当に辛いですね。

原因2.姿勢について

動かないことに加えて腰にさらなる負担が加わります。

特に業務でノートパソコンを使われる方です。

折り畳めてとても使い勝手が良いですが、残念ながらモニター位置が低い。

デスクトップに比べて2、3cmほど頭が前に出てのぞき込む姿勢、背骨腰骨を丸めた姿勢になります。

長身の方は特に気をつけてください。

ストレートネックにもなりやすい、とっても疲れやすい姿勢です。

原因 3.その他の原因もあります 

  1. 腰や足の冷え(こわばりで腰椎・仙腸関節の動きに問題あり)
  2. ベッドなど寝具が柔らかすぎる(骨盤と腰椎が沈み込み、たわんで)しまう
  3. 持ち上げる動作で予想よりも重い場合(軽い場合もあり)
  4. 「急に姿勢を変えたとき」の起き上り、立ち上がり、寝返りなど

様々な原因で腰の筋肉に疲労がたまる➡筋肉がこわばる➡簡単にギックリ腰を起こす

腰の切れが悪い、重い、だるいは腰の危険サインです。

施術のタイミングは?

 

上述の「腰の危険サイン」の段階で施術を受けられるのがベストです。

ぎっくり腰一歩手前であれば1回の施術で確実に解決いたします。

筋肉疲労を放置するとぎっくり腰の可能性は高まります。

たかが筋肉疲労、されど筋肉疲労です。

急性腰痛(ぎっくり腰)を起こしてしまった!

突然腰の痛みに襲われたら、腰に負担のかからない楽な姿勢を取るようにしてください。

具体的には「膝を曲げて横向きに寝る」、「仰向けで膝を立てて、膝の下にクッションなどを入れる」がお勧めです。コツは膝を曲げることです。

開業33年11万人以上の施術実績のなかでも、急性腰痛(ぎっくり腰)の患者様がトップ

 

急性腰痛(ギックリ腰)を初めて経験する方はとても不安でしょう。

またやってしまったとぎっくり腰を繰り返す方へ、あきらめたりめたり放置しないでください。

どうぞご連絡ください。年中無休対応しています。

当院が病院・治療院探しの最後となります

急性腰痛(ギックリ腰の痛みやシンドイことよくわかります。

でも諦めないでください。

当院にはその痛みを改善できる技術と経験があります。

必ず治ります、ご一報下さい。